初心者は、中長期投資でFXを制する

私がFXを始めたのは「面白そう」「儲けられたらラッキー」くらいの軽い気持ちで口座を開設し、最初は10万円を入金してFXを始めました。

始めたといっても最初は本当に自分のお金を使って行うものではなく、デモトレードという架空の口座に入っているお金を利用したものです。
FXを始めるにあたってまずは、スワップポイントやスプレッドなどといった用語の勉強から始めました。
FXには様々な用語があり初めはなんのことかさっぱりわかりませんでした。
しかし、いろいろなサイトで用語を見ていくうちにすぐに覚えていきました。

そして、用語の勉強が終わってからデモトレードを行いました。
デモトレードといっても使われているチャートは本物と同じものが使われているので非常に良い経験になると思います。
私は1日に何度も売り買いを行うデイトレードと呼ばれるものを行っていますが、数か月後に売り買いするトレードスタイルもありFXは自分の生活スタイルに合わせて行うことができるので非常に続けやすいと思います。

いざ取引を開始してみると勉強のかいがあってかいい感じに利益を出せました。
初心者からしたらいい結果だったと思います。

私的には国内よりも海外の取引ををオススメしたいです。
海外だと変な会社が多いんじゃないか?保証は?と心配な点が出てきますが意外としっかりした会社も多いですし、円口座の対応をしてくれる業者もあります。
そして何より難しい書類や特別なやり取りは必要ありません!
日本語対応もありますし、英語が得意な方は日本じゃなかなか入ってこない情報なんかも手に入れられるみたいです。
こう考えると国内よりも海外のFXの方がメリットが多い気がしませんか?
国内と海外を併用して賢く利益を得るのもいいです。
インターネットにもいい情報が結構転がっていたりします。

始めた頃は追加緩和、GPIFの株式配当率引き上げなどで、円を売ってドルを買っていれば「サルでも儲かる」相場でした。
私もその波に乗り、あまり深く考えずドル円をひたすらロングし、資金を2倍に増やすことができました。
その後の「調整」の間もロング、ナンピンを繰り返し、2倍にした資金もある程度は増やせましたが一定からなかなか増えない。
知り合いは結構の額を一瞬でなくしたというような話を聞き、このままではいけないと思い、トレードに関する本を読み漁っていたところ、ボブボルマン著のFXスキャルピングという本に出会います。

その本には、具体的なテクニカル面でのエントリーのポイント、手仕舞いのポイントなどかなり詳しく書かれており、さらに資金管理の方法まで書かれてあります。

この本1冊を精読すれば、着実に資金を積み重ねていくことができると思い、日々読み返しながらトレードしています。
実際に今までこのトレードを実践していますが、大きな損失もなく資金を増やすことができています。
FX歴1年と経験は浅いですが、やはり安易な気持ちでエントリーするのではなく、しっかりとした手法、根拠に基きトレードしていかなければ利益を伸ばすことができないと確信しました。